ガバナー挨拶

 

2018~2019年度 ライオンズクラブ国際協会 332-D地区

2018~2019年度 ライオンズクラブ国際協会 332-D地区
 
 
332-D地区ガバナー
L 谷岡 憲行 Noriyuki Tanioka 
(所属:いわき東ライオンズクラブ) 

 
地区ガバナーテーマ
奉仕の襷を未来に繋ぐ
 
地区アクティビティスローガン
小さな力を集めて大きな奉仕
 
   

 

 
 “We Serve!” 何度この言葉を皆で声を揃えて叫んだでしょう?
クラブで…ゾーンで…地区で…複合で…日本レベルで…オセアルで…国際大会で…。
 2018~2019年、初の女性国際会長が誕生致しました。
独自の視点から、さまざまなビジョンを発信されると思われます。
迅速に地区内に情報伝達し、意図を共有したいと思います。
また、同時にラスベガス大会にて、安澤名誉顧問がD地区では初の『国際理事』に承認されました。
国際本部での動きや流れが今まで以上に伝わる一年間だと確信しております。
同時に今期、LCIF50周年でもあります。
『LCIF100(ワンハンドレッド)キャンペーン』として、会員の皆様に一人100ドルの献金(家族会員以外)をお願いする年でもあります。加えて、2019年《第58回OSEALフォーラム》は広島市での開催が決定しましたが、大会協力金としてお一人2,000円(家族会員以外)と、何かと金銭的ご負担をおかけ致しますが、主旨をご理解頂きまして、ご協力をお願い申し上げます。

今期のガバナーテーマを…

 『奉仕の襷を未来に繋ぐ』
 
とさせて頂きました。
 
 脈々と繋いで頂きました奉仕の歩みを後退はおろか、止める訳にはいきません。
ガバナーチームでタッグを組んで進化させて参ります。前期以上のご尽力を切にお願い申し上げます。
 最後に、《クラブ組織の再編成》 をお願い致します。標準クラブ(組織図)を掲載してあります。
すでに組織完了のクラブが殆どだと思いますが、可能な限り、兼任、専任をお願い申し上げます。
 各クラブの発展とご活躍の報をお待ちすると共に、キャビネットに対し、心から、ご理解とご協力、ご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
 

332-D地区ガバナー重点目標

332-D地区ガバナー重点目標
 
ゾーン・チェアパーソンの役割
 ZCにおかれましては、前任ZCからの継承と改善、問題点等々引継ぎしていただいた上で、思う存分ゾーン内を駆け回って下さい。“感動なければライオンズじゃない”   “愉しくなければ奉仕じゃない” ゾーン内のクラブ訪問でのご挨拶に付け加えて頂ければ幸いです。
 8月上旬に1R.2R.3R合同ZC会議を福島市でさせて頂く予定です。同時期に4R.5R.6R合同会議をいわき市で行いたいと思います。後期も同様に会議を持ちたいと考えておりますので、忌憚のないご意見をお聞かせ願います。また、ニューメンバースクールを主催して頂き、講師をご検討願います。
 一年間、充分健康に留意されますよう、お願いいたします。
 心からご活躍をご期待申し上げます。

 GMT(Global Membership Team)
【グローバル会員増強チーム】 は、コーディネーター並びに副コーディネーターが指導的役割を担い、地区の担当は、第1副地区ガバナーとなります。会員の増減に関わる本丸です。会員動向の分析、会員維持のアイデア、【クラブ支部】の新設、【プラチナ会員】の利用等々、発信して参ります。
 
新設クラブ30名
    会員増強の目標  20182019
上 期
月 期
新入会員
退会者
純  増
2018 7〜9
70
10
60
   10〜12
20
10
10
下 期
2019 1〜3
40
10
30
    4〜6
20
20
0
 
小  計
150
50
100
 
(祝・新クラブ誕生30名のチャーターメンバーへ!!)
 
  年度新入会員目標  -  年度会員維持目標   =   純 増
      180         -       50          =    130
 
 
  GLT(Global Leadership Team)
 【グローバル指導力育成チーム】は、コーディネーター並びに副コーディネーターが指導的役割を担い、地区の担当は、第2副地区ガバナーとなります。
また、次世代リーダーシップ正・副委員長との連係も重要で、クラブから地区役員まで、レベルに応じた真のリーダーの発掘と育成をお願いいたします。
 
 ③ GST(Global Service Team)
 【グローバル奉仕チーム】は、前年度に発足し、本格的な活動は、今期からのチームです。前期から、【糖尿病予防啓発】、【ライフジャケット配備の推進】、【子供の貧困と小児がん】、【スペシャルオリンピックスへの協力と支援】等々手掛けて参りましたが、会員の皆様に発信し、理解を得るには至っていないのが現状です。各クラブに当委員会を作って頂き、委員長を専任して、地区のチームとの連係が出来ればと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。
 
④ FWT(Family and Women Team)
 【家族・女性増員チーム】は、女性会員の獲得と家族会員の増強および積極的参加、そして女性リーダーの誕生へと続く、大変重要なチームです。初の女性国際会長の誕生で、女性会員獲得のチャンスの年でもあります。是非今期中に、女性会員の比率を25%以上にしたいと思います。フォーラムや勉強会の開催に伴い、現女性会員の参加をお願いいたします。 
 1.一般援助交付金     2.国際援助交付金      3.緊急援助交付金
 4.四大事業(コア4) ①視力保護  ②障害者援助  ③健康推進  ④青少年奉仕
 5.大災害援助交付金     6.用途指定交付金
        ※LCIF詳細については、後頁「LCIFについて」参照
 
会則・アラート委員会
   当委員会は、自然災害や緊急事態発生に備える委員会です。
不測の事態に迅速に、且つ正確に対応出来る体制を整えなければなりません。各クラブで、物心両面での支援体制と緊急連絡網の再点検をお願いいたします
 
PR・ITライオンズ情報委員会
   当委員会は、今期から『ライオン福島』を隔月発行にし、内容の充実化を図り、さらに、ペーパレス化の取り組みにも委員会と意見交換をして参ります。『ライオン福島』の編集会議もウェブ会議に近い方法での進め方を模索し、時間や移動の負担を軽減したいと考えます。また、クラブ組織で『マーケティングコミュニケーション委員会』が新設になり、ライオンズ関係の広報を発信して頂くことも地区とゾーン、クラブ三位一体で取り組んで参ります。ご理解を賜りたいと存じます。
 
YCE委員会

 当委員会は、多くの青少年が異文化での生活を体験する機会を提供し、様々な国際親善を促進する活動をしております。
派遣生や来日生の受け入れにご協力をお願いするとともに、ホストファミリーに対してのご理解も重ねてお願い申し上げます。

 

LCIF・大会参加・薬物乱用防止委員会

   例年開催されております『国際大会』『オセアルフォーラム』は、海外のライオンズクラブとの交流や、国内クラブとの交流を深める素晴らしい機会です。今期の『第57回オセアルフォーラム』は、11月15日~18日まで、中国、海南島で開催されます。沢山の会員の方々と参加したいと思います。
 LCIFは、今期設立50年の節目を迎えます。『LCIF100(ワンハンドレッド)キャンペーン』のスタートに伴い、各ライオンに100ドルの献金をお願い致します。今まで通り、MJF献金も継続しておりますので重ねてご協力願います。献金された浄財は100%世界中の人々に希望を届ける奉仕事業に役立てられています。
 薬物乱用防止に関しては、本年度も講師を招き、磐梯熱海で『薬物乱用防止教育認定講師養成講座』を開催しますので、多くのご参加をお願い致します。

 

青少年育成・ライオンズクエスト(LQ)・平和ポスター委員会

   当委員会は、前期の委員長の精力的な行動により、『ライフスキル教育セミナー』の開催『ライフスキル教育校内型ワークショップ』の開催等々、素晴らしい実績をあげて頂きました。今期も同様に、セミナーの開催、D地区初の幼稚園対象の公募型ワークショップをいわきで810日と11日に開催することが確定しております。是非、お知り合いの幼稚園の先生にお声掛けをお願い致します。
 平和ポスターに関しては、今期、『思いやりは大切なこと』をテーマにコンテストが開催されます。地区をあげて取り組んで参ります。出来る限りの早期に学校へのアプローチをお願いします。

 

 文化活動・環境・献血・臓器移植推進委員会
 
  当委員会は、今期も10月10日の『目の愛護デー』にちなみ、いわき市で講演を開催する予定です。沢山のライオン各位の参加をお願いいたします。『ひかりの箱』募金に関しても各クラブでのご協力をお願いします。
献血、献眼、骨髄の提供とともに、アイバンク登録の積極的参加をお願いいたします。

次世代リーダーシップ委員会
 

  当委員会は、文字通り、次のライオンズ世代のリーダーの発掘、養成を推進する委員会です。GLT正・副コーディネーターとの連係で、時代に即した活動のあり方や思考、人材、方向性等々、重要な委員会です。会員増強やリテンションに関しても情報交換をして参りたいと思います。

<<ライオンズクラブ国際協会332-D地区>> 〒963-0102 福島県郡山市安積町笹川彼岸塚22-9 TEL:024-937-0830 FAX:024-937-0831